TOSS SYSTEM
貿易ソフト・国際物流システム BINAL > TOSSシリーズ > 豊富なオプション機能

豊富なオプション機能

TOSSシステム オプション機能

最新のオプション機能や、追加モジュール機能の適用に関するご案内です。TOSSシステムの更なる利便性向上を目指します。

1.データビューアオプション(BIツール)

TOSSシステムのデータを使って
集計結果をダイナミックに可視化します。

企業をとりまく様々なデータをリアルタイムに
価値ある情報へ、表現力と分析力を兼ね備えた
情報活用ダッシュボードです。


価格18万円~

※別途、保守サポートの加入が必要


2.文書管理オプション

TOSSシステムや他のシステムで作成された様々な形式のデータを一括ファイリング。
キーワードから関連ファイルをスピーディに検索。
輸出入ドキュメントの管理から、事後調査への対応も。

価格80万円~

※別途、専用サーバ、Oracleライセンスが必要
※電子帳簿保存法に対応するものではありません
※別途、保守サポートの加入が必要


オプション機能 適用のポイント
早期稼働
  • 既存システムのアップデートのみ。すぐにオプション機能をご利用可能。
低コスト
  • パッケージの特徴を活かし、安定した価格でのオプション提供が可能です。
確実稼働
  • 多くの企業で採用、稼働する完成されたオプションで安心・安全。

新機能オプション NEW Version S TOSS-LOGIPORT

使い勝手と機能を強化、各種新ツールを利用する事で、アプリケーションの拡張性と自由度をプラス。ビジネス環境で、さまざまな要件に対して即座に答えることができます。

1.業務行程管理 LOGIWORKS (工程パターン設計)

業務行程管理LOGIWORKS (SCMに向けての対応)

情報の見える化(タイムリーな状況把握)
国際物流の業務進捗状況の一元化を実現
業務行程グループ別に進捗状況を管理できます。
予定日を状況に応じて色分けし注意を促します。

TOSSデータベースに直接アクセスし、基幹システム側で更新した情報をリアルタイムに表示します。

業務工程管理LOGIWORKS (工程パターンマスタ)
  • 作業内容に応じて、工程パターンを自由に設定できます。
  • 日付項目は、予定日前後で色分けして警告を促せます。
  • 業務で入力・訂正したものは自動的に工程管理画面へ反映します。
  • 工程パターンごとに、表示画面を切り替えて確認することが可能です。
業務工程管理OP (検索・表示画面)
  1. S/I (管理番号)に紐づく進捗状況を各拠点や部署間で共有化。
  2. 作業指示/進捗状況/情報蓄積といったグループ・部門間のルーチン業務を効率化。
  3. 意思決定の支援と部門間での情報伝達をより正確・スピーディーに対応します。

  • Webシステムなので各拠点・事業部単位で進捗状況を把握
    DBと直結しているのでシステムで訂正すればリアルタイムに反映します。
  • 文書管理と連携し複合機などでスキャンすれば自動保存します。

2.文書管理機能 (管理番号毎の電子帳票化)

文書管理機能OP (AEO資格や事後調査に必須)
  • 業務行程管理と連動し、荷主様のINVOICE/PACKING LIST、荷捌きなどの各種手配書類、B/L, AWB, 申告許可書など簡単に保存できます。
    出力したQRコードを、複合機で読込めば文書管理DBに一括で保存が出来ます。
  • 抽出条件指定で、その条件に紐づく文書情報を瞬時に取り出せます。

3.データブラウザ IM (データ取込自由設計)

データブラウザ IM (データ取込自由設計機能)
  • 他社から届いた一括請求データ(CASS/代理店請求)などをTOSSシステムへスピーディに取込めます。
  • データレイアウトを画面上で設定すれば船社や航空会社代理店等請求データを請求番号単位で支払データとして展開できます。データ入力する時間と手間を大幅に削減できます。

4.データブラウザ EX (データ帳票自由設計)

データブラウザ EX (データ出力自由設計機能)
  • TOSS上で出力定義を行えば、EXCELやTEXT(CSV)など自由に出力ができます。
  • 必要に応じて管理帳票や外部出力データを簡単に作成することが可能です。

5.データビューア (統計実績を可視化)

データビューア管理

企業をとりまく様々なデータをリアルタイムに価値ある情報へ、表現力と分析力を兼ね備えた情報活用ダッシュボードです。

※ウィングアーク社 MotionBoard資料より抜粋

  • システムで入力した情報をに直接接続し、リクエストに合わせて集計結果をダイナミックに可視化します。
  • データをリアルタイムに反映、状況の変化をいち早く捉えることができます